2018年09月12日

OAチェアー体験レポート コンテンツ一覧


■■オカムラ Okamura■■

■コンテッサ(Contessa)写真レポート

■バロン(Baron)

■コーラル(Choral)体験レポート

■サブリナ(Sabrina)体験レポート

■シルフィー(Sylphy) 体験レポート

■フィーゴ(feego)体験レポート 写真レポート 

■カロッツァ(Carrozza)写真レポート

■ヴィスコンテ(Visconte)体験レポート 写真レポート

■エスクード(ESCUDO)体験レポート 写真レポート

■ルーチェ(Luce)体験レポート

■アドフィット(ADFIT)体験レポート 写真レポート

■ナビオ(navio)体験レポート

***********************************************
■■イトーキ ITOKI■■

■スピーナ(Spina)体験レポート 写真レポート

■エフ(F)体験レポート

■プラオα(PRAOα)体験レポート

■プラオ(PRAO)体験レポート 写真レポート 

■カシコ(Cassico)写真レポート

■ループ(LOOP)写真レポート

■トリノチェア(TRINO)

■レビーノ(LEViNO)体験レポート

■プレーゴ(Prego)写真レポート

■バーテブラ(vertebra)写真レポート

■バーテブラUサーボメカ(vertebraUservo mecha)

***********************************************
■■コクヨ KOKUYO■■

■ウィザード(Wizard)体験レポート

■フォスターエトス(FOSTER ETHOS)体験レポート

■M4(M4)体験レポート

■トレンザ(TRENZA)体験レポート 写真レポート

■アガタS(AGATA/S)体験レポート

■サテリテ(Saterite)写真レポート

■エクサージュ(EXAGE)体験レポート

***********************************************
■■内田洋行■■

■ルディオ(Ludio)写真レポート

■キャスト(CAST)体験レポート 写真レポート

***********************************************
■■イナバ■■

■イニシオ(Initio)写真レポート

***********************************************
■■スチールケース Steelcase■■

■リープ(Leap)体験レポート 写真レポート

■シンク(Think)写真レポート

■アプト‐S(Apt-S)体験レポート

■レッツビー(Let's B)体験レポート 写真レポート

■プロテジェ(Protege)体験レポート 写真レポート

■センサー(Sensor)体験レポート

■クライテリオン(Criterion)体験レポート

***********************************************
■■ヴィトラ Vitra■■

■メダ2(Meda2)体験レポート

■メダプロ(MedaPro)写真レポート

■フィグラ(figura)体験レポート

***********************************************
■■ヘイワース HAWORTH■■

■ゾディー(Zody)体験レポート

■ゾディーアドバンスト(Zody advanced)

***********************************************
■■ジロフレックス giroflex■■

■33 体験レポート

***********************************************


posted by 楽市 at 14:25 | Comment(0) | OAチェアー体験レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月11日

OAチェアー体験レポート第11弾:イトーキ スピーナ編 (ITOKI Spina)

〜楽市スタッフ「MF」が実際に1週間座ってみました〜

イトーキ製 スピーナ(ITOKI Spina)
23100.jpg

イトーキを代表するスピーナチェアは、
2007年に登場した根強い人気を誇るチェアー。
同年にグッドデザイン賞を受賞しており、
独創的かつクールなデザインが特徴です。

スピーナチェア一番の特徴は、
『パッシブスライドシート』と『アクティブランバーサポート機構』。
着座と同時に座が沈み込みながら後方ヘスライドするシートと、
背もたれ部分が前方へせり出すアクティブランバーサポート機構により、
着座位置や姿勢の変化にチェアー自体が自動的に追従。
チェアーが人に合わせて動く人に優しい機構です。
座面は比較的固めのクッション。
浅めに腰掛けても深めに腰掛けても快適さが失われないよう、
体圧が分散されるつくりになっているそうで、
固めのクッションですが、
座っていておしりの痛さを感じることはありませんでした。

座はスピーナチェア独自の動き方をするため、
初めて着座した時はその沈み込みに少し驚きますが、
座っているうちにこの“チェアが迎えにきてくれる感”が、
しっくり馴染むようになります。

背もたれは2種類、
樹脂とゴムの中間的素材であるエラストマータイプと
布地タイプがあります。
エラストマーの場合、縦リブ形状にデザインされた背もたれとなり
ゴツゴツと少し痛そうな見た目なのですが、
実際にもたれてみると、
面ではなく柔らかい線で背もたれを支えてくれることに驚きます。
熱もこもりにくい素材&形状のため、
長時間のデスクワークも快適に行うことができそうです。
布地タイプもスリット入りのインナーシェルが内包されており、
姿勢の変化に追従する作りになっています。
布地タイプの座り心地のほうが全体的に柔らかさがある印象でした。

スピーナチェアは座り心地はもちろん、
デザインにもこだわったインテリア性のあるチェアーをお探しの方に、
ぜひ検討していただきたい1台です。

スピーナシリーズ一覧はこちら
posted by 楽市 at 16:47 | Comment(0) | OAチェアー体験レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年09月07日

OAチェアー体験レポート第11弾:オカムラ シルフィー編 (Okamura Sylphy)

〜楽市スタッフ「MF」が実際に1週間座ってみました〜

オカムラ製 シルフィー(Okamura Sylphy)
27322.jpg
オカムラ製シルフィーチェアーの
エクストラハイバックモデルが大量入荷!
さっそく試座してみました!!

まず座った瞬間、ふんわり包み込まれているような柔らかさに感動。
座はエリアごと異なる硬さで成形された
オカムラおなじみの異硬度クッションなのですが、
丸みを帯びた形状のせいか、
同じ異硬度クッションのコーラルやカロッツァよりも
柔らかい印象を受けました。
今回はエクストラハイバックモデルのため、
休憩時など背にもたれかかった際は、
背もたれが頭部までフォローしてくれ、
非常に安心感のある座り心地が体感できました。

シルフィー最大の特徴は、
背もたれサイドにある『バックカーブアジャスト機構』です。
サイドのレバーを引き上げると
背もたれのフレームがグッと繰り出し背や腰にフィット。
小柄な方、女性の方でも快適な座り心地に調整が可能です。
ランバーサポートがなくても、
この機能によって腰部のサポートを強められるのが非常に心地よく、
小柄な方に限らず、フィット感の強い座り心地がお好みの方には
ぜひ試していただきたい機能だと感じました。
シルフィーの背面形状は、体格の異なる100名の腰回りを計測し、
その結果をもとに開発されているそう。
フィット感が高いのも納得です!

シルフィーは、サブリナ同様前傾モードにも切替が出来るので、
長時間のデスクワークが多い方にもおすすめのチェアです。
前傾姿勢は腹部の圧迫が軽減されるほか、
骨盤が起きるので背骨のS字が保たれ、腰への負担が軽減されるとか。
前傾姿勢はすべり落ちそうで落ち着かないと思っていましたが、
試してみると確かに姿勢が自然と良くなります。
前傾チェアは、漫画家さんやイラストレーターさん等
プロの方にも定評があるそうですよ。

背もたれの強弱は、座って右側のダイヤルで、
前傾・水平の切り替えと背もたれのロックは、
座って左側のダイヤルで調整を行います。
いずれも少ない回転数で調節が可能で、
ダイヤルを何度も回さないと調節ができなかった従来のチェアより
操作性が格段にアップしているなと感じました。

ひとりひとりのワーカーにフィットするつくり、
操作にストレスを感じにくいこと、
包み込まれるような座り心地、
どこを取っても非常に好印象のチェアでした。
エクストラハイバックモデルを探されているお客様も、
ぜひ在庫が豊富なこの機会に
シルフィーをご検討いただけたらと思います!

オカムラ製 シルフィーシリーズ一覧はこちら
posted by 楽市 at 13:33 | Comment(0) | OAチェアー体験レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年05月12日

OAチェアー体験レポート第10弾:コクヨ M4編 (KOKUYO M4)

〜楽市スタッフ「MF」が実際に1週間座ってみました〜

コクヨ製 M4(KOKUYO M4)

26386[1].jpg

コクヨ製M4チェアーのソフトグレー色が大量入荷!
さっそく試座してみました!!

座ってまず実感したのは、さらっとした座り心地!
布地はすべりにくく通気性の良いダブルラッセルクロスを使用、
座を触ってみると中のウレタンにスリットが施されており、
放熱性に優れた形状ということが分かります。
夏場はもちろん、湿気の多い雨の日も、
ムレや熱のこもりを感じることなく、
快適に仕事が出来そうでとても好印象です!

クッションは、前方が大きくカーブしたフィットカーブクッションで、
どんな体格の人も快適に座れるよう設計されているそう。
絶妙な硬さで、軟らかすぎず疲れにくいと感じました!

*******************

M4はスタンダードな価格帯のチェアですが、
シリーズは全てハイバックタイプ。
背もたれが高めなので座っていて安心感があります。

座面の高さ調節は肘先のスイッチで座ったまま操作OK。
この機能、さらっと書いていますが、
オカムラのチェアであれば
コンテッサレベルの高機能チェアにしかついていない機能。
この価格帯のチェアではなかなか付属しない機能なので、
大注目のポイントです!

そしてその他の機能は…なんと調節を必要としません!!
背もたれは、硬と柔を組み合わせたループ状の、
スリットループシェル構造。
腰は固めの素材でしっかりと支え、
背中は体形に合わせてスリットがたわみ、
柔らかく身体を包み込む自然な座り心地です。
背のもたれかかり具合も、オートアジャストロッキング機能で
ユーザーの体重に応じ最適な強弱に自動調節されます。
ロック機能や強弱調節機能はありませんが、
オート機能がすべてをカバーしてくれるんですね。

*******************

『どんな空間にも 誰にでも 最適で快適にフィット』
がM4のキャッチコピー。

座ったまま好みの高さに調節するだけで、
快適な座り心地が得られるので、
調節とかは正直面倒くさい!スタンダードな座りごこちを求めている!
そんな方におすすめしたい、とにかくコスパが最高な1台です。

誰にとっても心地よい究極の1台を目指したチェアなので、
ワンサイズスタンダードのチェアとして、
フロア全体での使用もおすすめです。

・最小限の操作で Minimumミニマム
・最大限の快適性を Maximumマキシマム
・楽しく働くを Motivationモチベーション
・より多くの人へ Majorityマジョリティ
4つのMをぜひご体感ください!


◆KOKUYO M4シリーズ一覧はこちら

posted by 楽市 at 16:36 | Comment(0) | OAチェアー体験レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2018年04月16日

OAチェアー体験レポート第10弾:オカムラ サブリナ編 (Okamura Sabrina)

〜楽市スタッフ「MF」が実際に1週間座ってみました〜

オカムラ製 サブリナ(Okamura Sabrina)

26755.jpg

オカムラ製サブリナが大量入荷しました!
発売は2013年、
高機能チェアの中では比較的新しめのシリーズになります。

サブリナは、流れるような美しいフォルムの
リングフレーム構造が特徴のチェアー。
横から見るとぽっかりと空洞が空いており、
輪っかのようなフォルムが確認できます。
このリングフレーム、
見ただけではどのような効果をもたらすか分かりにくいのですが、
実際に座ってみると、もたれかかりや身体のひねりなどに
柔軟に追従してくれていることが分かります。
また、深くもたれかかると腰部分にしっかり背もたれが当たるので、
ランバーサポートの無いモデルでも、
姿勢サポートの効果があると実感。
このしなやかさ&サポート力が
心地よい座り心地を生み出していることが分かります。

また、サブリナは前傾ポジションに切替えができるのも大きな特徴。
前傾とは、文字どおり座面がデスク側に傾いたポジションのことで、
漫画家やイラストレーターなど
長時間のデスクワークを行われる方に大変人気があります。
でも前傾って敬遠しがちではないですか?
実際に私も『前傾はなんだか滑り落ちそうで落ち着かない』
チェアーは平らなものに深く腰掛けたい派だったので、
前傾は正直苦手でした。

ところが、このレポートのために前傾で座っていたところ、
なんと短時間で腰痛が軽減!
しかも猫背がちな姿勢がまっすぐ維持しやすいので背中が楽!
前傾は骨盤が起きるため、
腰の負担が軽減されるとは聞いていましたが、
これほどまでに効果があるとは!!
一気にサブリナのとりこになってしまいました。
もちろんサブリナは前傾だけでなく、
前傾と水平ポジションの切り替えが可能なので、
デスクに向かって集中したい時と
思いっきりもたれかかって休憩したい時とで、
ポジションを切り替えることも可能。
お好みのポジションでお使いいただけます。

クッションはオカムラのカロッツァ等にも使われている
定番の異硬度クッションを採用。
クッション前方は腿部を圧迫しないようやわらかく、
後方は固めの素材が使われているので、
お尻をしっかりサポートしてくれます。
また座面自体もとても広く、ゆったりとした座り心地が叶います。
ぜひ一度サブリナをご体感ください!
posted by 楽市 at 14:10 | Comment(0) | OAチェアー体験レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月12日

OAチェアー体験レポート第9弾:オカムラ ルーチェ編 (Okamura Luce)

〜楽市スタッフ「MF」が実際に1週間座ってみました〜

オカムラ製 ルーチェ(Okamura Luce)

26201[1].jpg

オカムラ製ルーチェが3色揃って大量入荷しました!
気になる座り心地をレポートします!!

ルーチェはミーティングチェアーカテゴリに属していますが、
座面の上下昇降が可能な上に、
フリーリクライニング機能も付いているため、
OAチェアーとしても使用できる製品となっています。

特筆すべきは、スマートリラクゼーションシート構造。
同じオカムラのレオパードチェアで培われた技術を踏襲したもので、
姿勢変化に合わせて座と背がフィット。
また、少し持ち上がった前傾ぎみの座面が、
座る際にやさしく身体を迎え入れ衝撃を緩和吸収。
立ち上がる際も座が持ち上がりますので、
スッと送り出してくれるような感覚が得られます。
人の動作や姿勢を徹底研究して開発されたというのも納得。
サポーティングに優れた1台だと実感できました。

デザインは、コンテッサやバロンと同じ、
イタリアのジウジアーロ社とのコラボレーションによるもの。
背もたれのメッシュは、グラデーションメッシュ。
デザイン的に美しいだけでなく機能的にも意味があり、
腰部分は密度の高い織りで固めに強力サポート、
背中部分は密度の低い織りでやわらかく背面にフィットします。
コンパクトな座面のため、PCに向かうなど前傾状態でも、
腰がしっかり背面に当たり、これがとても気持ち良いです!
ランバーサポートは付いていませんが、
それに準ずる機能がデザインと一体となっているところが素敵ですね。

チェアーは扱いやすいコンパクトなサイズ。
身長157センチの私の場合、背もたれは肩甲骨あたりまで、
座面はひざ裏より数センチ程度上の部分まで到達するサイズ感。
部署内で座り比べをした際、
153センチ〜161センチの女性スタッフ皆が
同じぐらいの座り心地を実感していました。
比較的コンパクトなチェアーのため、
身長の高い女性や男性の使用はどうなのかも気になりますが、
座面の幅がしっかりあるため小ささは感じないとの意見が多数。

立ったり座ったりが多いアクティブなワークスタイルの方はもちろん、
フリーアドレス席やミーティングスペースでの使用、
広いスペースが取りにくいご家庭用チェアーとしてもおすすめです。

多数の機能はいらないが、
座り心地の良いシンプルなコンパクトチェアーが欲しいという方、
ぜひ一度ルーチェをご検討ください!


ルーチェシリーズ一覧はこちら
※ミーティングチェアーカテゴリとOAチェアーカテゴリに同じ商品を重複して掲載しております。
posted by 楽市 at 13:30 | Comment(0) | OAチェアー体験レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年12月08日

OAチェアー体験レポート第9弾:オカムラ コーラル編 (Okamura Choral)

〜楽市スタッフ「MF」が実際に1週間座ってみました〜

オカムラ製 コーラルチェアー(Okamura Choral)

DSC04467.jpg

2012年からオカムラのチェアーラインナップに登場した
コーラルが大量入荷しました!
まだ新しいモデルのチェアーのため、
今まで中古での入荷はわずかだったのですが、
今回は豊富な数が入荷しました!
さっそくどんな座り心地かレポートしたいと思います!!

コーラルは、ランク的にはバロンとフィーゴの間に位置するチェア。
機能はフィーゴよりも充実しています。

ゆとりのある幅広の座面にフィット感の高い背もたれが心地よく、
リクライニングはバロン、ゼファー、サブリナと同じ最大傾斜23度。
休息時にもたれかかると、十分に休むことができる角度でした。

まず注目したいのが新搭載の『クイックスライドオペレーション』。
今までレバーを回すなどして調節していた背もたれの強弱機能が、
スライドレバーで座りながらサッと行えます。
ロックをかけず強弱調節で背のもたれかかり具合を
調節したい派の私にとっては、待望の機能。
操作性がぐんとアップしており、かなり感動しました!

次に注目したいのは4Dアジャストアーム。
高さ、回転、前後に加えて、横幅の調節まで可能になりました!
肘置きが内側に入っていたほうが安心する私にとっては、
ジャストフィットの機能。
こういった機能があると小柄な女性でも、
フィットした使い心地を実感できるかと思います。

クッションはオカムラのカロッツァ等でもおなじみの
異硬度クッションを採用。
手前は太股を圧迫しないようやわらかく、
奥にいくにしたがって固めの造りになり、
お尻をしっかりサポートしてくれます。
少し固めのクッションが好きな方におすすめの仕上がりです!

今回弊店にはランバーサポート付タイプが大量入荷しました。
ランバーサポートは広めの板状タイプ。
やさしく広範囲に腰部分をサポートしたい方におすすめです!
※ランバーサポートなしのタイプも販売していますので、
ご購入の際は商品詳細ページをチェックしてご確認ください。


弊店HP上で
コーラルシリーズの他商品も紹介しております。
是非ご覧下さい。
posted by 楽市 at 10:18 | Comment(0) | OAチェアー体験レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年10月30日

イトーキ製プラオチェア(PRAO) ハイバック・ローバック比較

〜ハイバックとローバックのサイズの違いを調べてみました〜

OAチェアーにはシリーズごとに
背もたれ高さの違うタイプがあります。

シリーズごとに高低差などのサイズ設定は変わりますが、
ローバック、またはミドルバック(標準的な高さ)と
ハイバック(ローバックよりも背もたれが高い)に分かれます。

そこで、実際の商品写真とサイズ表を使って
正面・横(初期角度)・背面から高さの違いを比べてみました。

他にも、さらに背もたれが高いタイプやヘッドレストが付いたタイプもありますが、
ここでは上記2タイプについて調べていきます。

背もたれの高さに準じて奥行が変わるシリーズもありますが、
わずかな違いです。
その他、座面のサイズや肘の高さはほとんどの場合同じです。

イス選びの参考に、ご自身の体格・求めるサポート等とあわせて
ご覧いただければと思います。



  イトーキ製 プラオ(PRAO)シリーズ

ローバック・ハイバックともに可動肘タイプでの比較です



DSC02373.JPG
ハイロー前.jpg


DSC02375.JPG
ハイロー横.jpg


DSC02376.JPG


弊店HP上で
プラオシリーズ の他商品も紹介しております。
是非ご覧下さい。
プラオシリーズ商品一覧







posted by 楽市 at 17:23 | Comment(0) | OAチェアー体験レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オカムラ製フィーゴ(feego) ハイバック・ミドルバック比較

〜ハイバックとミドルバックのサイズの違いを調べてみました〜

OAチェアーにはシリーズごとに
背もたれ高さの違うタイプがあります。

シリーズごとに高低差などのサイズ設定は変わりますが、
ミドルバック、またはローバック(標準的な高さ)と
ハイバック(ミドルバックよりも背もたれが高い)に分かれます。

そこで、実際の商品写真とサイズ表を使って
正面・横(初期角度)・背面から高さの違いを比べてみました。

他にも、さらに背もたれが高いタイプやヘッドレストが付いたタイプもありますが、
ここでは上記2タイプについて調べていきます。

背もたれの高さに準じて奥行が変わるシリーズもありますが、
わずかな違いです。
その他、座面のサイズや肘の高さはほとんどの場合同じです。

イス選びの参考に、ご自身の体格・求めるサポート等とあわせて
ご覧いただければと思います。



  オカムラ製 フィーゴ(feego)シリーズ

▼写真に使用した商品です

   ミドルバック        ハイバック
23819.jpg  25229.jpg

DSC02370.JPG
ハイロー前.jpg


DSC02371.JPG
ハイロー横.jpg


DSC02372.JPG


弊店HP上で
フィーゴシリーズ の他商品も紹介しております。
是非ご覧下さい。
フィーゴシリーズ商品一覧







posted by 楽市 at 14:49 | Comment(0) | OAチェアー体験レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2017年08月17日

OAチェアー体験レポート第8弾:ウィザード編

〜楽市スタッフ「KY」が実際に1週間座ってみました〜

コクヨ製 ウィザード(Wizard)

19999.jpg

座ってまず感じた事は、背もたれの柔軟性です!
背もたれの上部が他のチェアに比べとても柔軟性がありました。
身体を動かした時に身体に添って背もたれが柔軟に動くので
拘束感がなく、背もたれの動きにストレスを
感じることがありませんでした。
特に背もたれに体重をかけ、左右に身体を動かして
リラックスしたい時などには
背もたれの「しなる」動きがとても気持ちよく感じました。

次に感じた事は座面の広さでした。
他の椅子と比べると幅48.5cmとサイズ的には変わらないですが
座面がフラットなため、全体が広くゆったりと感じました。

また、サラサラした生地のおかげで
夏でも背中やお尻に熱がこもることがあまりありませんでした。
布張りなので冬でも寒さを感じることなく
お使いいただけるかと思います。

他にも全体的に軽量に作られているため、
キャスターの動きがスムーズで
デスクワークの横移動もらくらく行うことができました。

個人的には女性向きのチェアーかと思います。
ぜひこの機会にお試しください!


弊店HP上で
ウィザードシリーズの他商品も紹介しております。
是非ご覧下さい。
posted by 楽市 at 13:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | OAチェアー体験レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする