2018年09月07日

OAチェアー体験レポート第11弾:オカムラ シルフィー編 (Okamura Sylphy)

〜楽市スタッフ「MF」が実際に1週間座ってみました〜

オカムラ製 シルフィー(Okamura Sylphy)
27322.jpg
オカムラ製シルフィーチェアーの
エクストラハイバックモデルが大量入荷!
さっそく試座してみました!!

まず座った瞬間、ふんわり包み込まれているような柔らかさに感動。
座はエリアごと異なる硬さで成形された
オカムラおなじみの異硬度クッションなのですが、
丸みを帯びた形状のせいか、
同じ異硬度クッションのコーラルやカロッツァよりも
柔らかい印象を受けました。
今回はエクストラハイバックモデルのため、
休憩時など背にもたれかかった際は、
背もたれが頭部までフォローしてくれ、
非常に安心感のある座り心地が体感できました。

シルフィー最大の特徴は、
背もたれサイドにある『バックカーブアジャスト機構』です。
サイドのレバーを引き上げると
背もたれのフレームがグッと繰り出し背や腰にフィット。
小柄な方、女性の方でも快適な座り心地に調整が可能です。
ランバーサポートがなくても、
この機能によって腰部のサポートを強められるのが非常に心地よく、
小柄な方に限らず、フィット感の強い座り心地がお好みの方には
ぜひ試していただきたい機能だと感じました。
シルフィーの背面形状は、体格の異なる100名の腰回りを計測し、
その結果をもとに開発されているそう。
フィット感が高いのも納得です!

シルフィーは、サブリナ同様前傾モードにも切替が出来るので、
長時間のデスクワークが多い方にもおすすめのチェアです。
前傾姿勢は腹部の圧迫が軽減されるほか、
骨盤が起きるので背骨のS字が保たれ、腰への負担が軽減されるとか。
前傾姿勢はすべり落ちそうで落ち着かないと思っていましたが、
試してみると確かに姿勢が自然と良くなります。
前傾チェアは、漫画家さんやイラストレーターさん等
プロの方にも定評があるそうですよ。

背もたれの強弱は、座って右側のダイヤルで、
前傾・水平の切り替えと背もたれのロックは、
座って左側のダイヤルで調整を行います。
いずれも少ない回転数で調節が可能で、
ダイヤルを何度も回さないと調節ができなかった従来のチェアより
操作性が格段にアップしているなと感じました。

ひとりひとりのワーカーにフィットするつくり、
操作にストレスを感じにくいこと、
包み込まれるような座り心地、
どこを取っても非常に好印象のチェアでした。
エクストラハイバックモデルを探されているお客様も、
ぜひ在庫が豊富なこの機会に
シルフィーをご検討いただけたらと思います!

オカムラ製 シルフィーシリーズ一覧はこちら



一流メーカー品を格安で手に入れるなら、中古オフィス家具がおすすめです。

格安新品との違いはやはり品質。
楽市では、メーカーメインカタログ掲載品を中心とした
高品質な商品の中古品を厳選!

中古品でも専門スタッフによるプロのメンテナンス&クリーニングで、
気持ち良く快適にお使いいただくことができます。

しかも中古で6ヶ月保証が付くのは楽市だけ!

ポイントを押さえているから、
多くの企業様に選ばれ続けています。
是非サイトをご覧ください!!!

ブログ用フッターデータ.jpg
posted by 楽市 at 13:33 | Comment(0) | OAチェアー体験レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。