2012年11月29日

OAチェアー体験レポート第6弾:キャストチェアー編

〜楽市スタッフ「MO」が実際に1週間座ってみました〜

内田洋行製 キャストチェアー

16645.jpg
 
背面のアルミフレームの曲線が存在感抜群なこのチェア。
他のチェアに比べて本体に重さと安定感があって、
特別高価なチェアではないのに、ちょっと良いチェアに座っているよう・・・
見た目だけで十分な満足感があります。

オフィスでキャストチェアを使っているのは私1人だけですが、
オフィスの席に1台だけ混ざっているとそのデザイン性の高さが
一際目を惹きます。
中古品だとブルーやブラックのチェアが多い中、深みのあるワインレッドは
オンリーワンな魅力があってなんだか特別な気分があります。

存在感があるチェアなので、オフィス全体を入れ替えるのは大変だから、
今回はイスだけ・・・という方にもぴったりですね。

アルミフレームの分、他のチェアに比べて重さがあるので、
(重量を測ってみた所約20kgでした)
倉庫から出す度に、何でこのイスはわざわざこんなに
重く作ってあるんだろう・・・と思っていましたが、
メーカーによると、アルミフレーム=「チルトメカ(関節)」という考えから、
動作の軸となる背骨の動きをいかにサポートするかを
科学的に分析した結果とのこと!

最新の人間工学設計に基づいていたなんて・・・驚きです。
これこそキャストチェア独自のこだわりです。

そしてこのチェア、レバーで背もたれを固定にした状態でも、
体重をかけるだけで背もたれの上部が軽く傾くようになっています。
面倒くさがりな私にとっては、レバー操作が必要なリクライニング機能と違って、
背中を伸ばしたりデスクに集中したり、自分の動きひとつで作業と休憩のメリハリが
「一瞬で」つけられるところがお気に入りです。

座るまで知らなかった隠された魅力が満載で、場所を問わずなじみやすいスタイルなので
個人のお客様にも人気があるチェアです。
この機会に是非お試しください♫

弊店HP上で
キャストシリーズ の他商品も紹介しております。
是非ご覧下さい。
キャストシリーズ商品一覧
posted by 楽市 at 11:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | OAチェアー体験レポート | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
会社で椅子を買おうと思っています。

私に体重は140キロあるので、椅子の耐久性が気になります。

総重量は何キロ位まででしょうか。
Posted by ブウ at 2013年01月08日 18:17
ブウ 様

お問合せありがとうございます。

弊店よりメーカーへ確認をいたしました所、こちらのチェアの通常の耐荷重はおよそ90kgとなっているそうです。
ただ、使用頻度や状況にもよりますが、体重140kgの方が座っても使用上や耐久性の問題は無いとの事です。

その他ご不明な点などございましたらお気軽にお問合せください。
Posted by 楽市 スタッフ at 2013年01月10日 19:42
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック