2012年05月28日

オフィス家具の豆知識〜キャビネットの特徴と選び方〜

たくさんの種類があるキャビネット。
どれを選べば良いか分からない・・・と悩まれる方も多いのではないでしょうか。
それぞれのキャビネットの特徴と選び方のポイントをご紹介致します!


【キャビネットの種類と特徴】

■オープン書庫 扉の無い書庫です。

5605[1].jpg  6505[1].jpg

■メリット
書庫の種類の中では最も安い商品です。
何が収納されているか一目で判るため、検索性に優れています。

■デメリット
施錠はできないので、機密性の高い書類を収納するのには適していません。
扉が無いので、お客様の目に触れやすい場所に設置した場合は、
書類や収納物によってオフィスがちらかって見えてしまう場合もあります。

オープン書庫はこちらのページにて販売しております。



■両開き書庫 観音開きの扉の付いた書庫です。

両開き書庫 K-1477 商品写真:イトーキ  両開き書庫 K-2025 商品写真:オカムラ

■メリット
扉を開けて書庫内の収納物を一目で確認する事が出来るので、
使用頻度の高い書類を収納するのに適しています。

■デメリット
扉を前に開くため、書庫手前にスペースが必要となります。

詳細画像http://www.raku1.co.jp/ppic/1477p2.jpg

両開き書庫はこちらのページにて販売しております。


■引違い書庫 スライド式扉の書庫です。

9169[2].jpg  25542[1].jpg

2枚扉、3枚扉、扉の材質がスチールのもの、ガラスのものなどがあります。

■メリット
両開き書庫は書庫手前にスペースが必要ですが、
引き違い書庫は扉がスライド式なので、狭い場所にも設置出来ます。
3枚扉のタイプは、3分の2以上扉が開くので、中央の書類も取り出しやすい仕様です。

■デメリット
2枚扉のタイプは、中央の書類が若干取り出しにくいのが難点です。

2枚扉タイプ
11928[1].jpg  11928p2[1].jpg

3枚扉タイプ
25542[1].jpg  25542p2[1].jpg

引違い書庫はこちらのページにて販売しております。


■ラテラル書庫 引き出し式の書庫です。

詳細画像http://www.raku1.co.jp/mpic/1311.jpg 2段ラテラル書庫 K-12452 商品写真:オカムラ

■メリット
引き出しごとに書類を分類して収納することが出来ます。
ボックスファイルを収納したり、ハンギングフォルダーを使用して管理したい場合に最適です。
縦型ファイルを収納する場合には、背表紙を上にして収納するようになるため、
上から見下ろして書類を探すことができるようになります。

■デメリット
引き出しを前に引くため、書庫手前にスペースが必要となります。

詳細画像http://www.raku1.co.jp/ppic/1311p2.jpg 25504p7[1].jpg 

ハンギングフレーム付きタイプ
詳細画像http://www.raku1.co.jp/ppic/14585p6.jpg 

ラテラル書庫はこちらのページにて販売しております。


■クリスタルトレーキャビネット 透明なプラスチック製トレーが入った書庫です。

8370[1].jpg 8370p2[1].jpg 

たくさんのトレーが入っていますので小物や書類の数が多い場合に便利です。
トレーはA4・B4、浅型・深型などがあるので、収納する物のサイズや量に合わせて選ぶことが重要です。

クリスタルトレーキャビネットはこちらのページにて販売しております。


■ユニット書庫 上段と下段に分かれる書庫です。

両開き3段ラテラルユニット書庫 K-1522 商品写真:オカムラ  上下両開きユニット書庫 K-7746 商品写真:オカムラ

上下段で書庫の種類が異なる場合と同一種類の場合とがあります。

使用する用途に応じて書庫の上下で種類を分けたい場合に最適です。
書庫を搬入する際に、搬入経路に高さの制限がある場合には分割して搬入する事が出来ます。

ユニット書庫はこちらのページにて販売しております。


【書庫のサイズの選び方】

書庫の種類が決まったら、次に書庫のサイズを選ばなければいけません

設置場所(設置場所の高さ制限があるかなど)、収納する書類の量によって書庫のサイズを決めます。
すでに設置している書庫がある場合には、その書庫とサイズや色を合わせる必要があるかも選択のポイントです。

収納する書類の種類(ファイルのサイズなど)によっても書庫のサイズを決めるポイントとなります。

ほぼ同じサイズの書庫であっても、若干の高さの違いによってファイルが何段まで収納出来るかの大きな違いが出てきます。

例えば、高さ100cm前後の書庫で3段に収納できる書庫であっても、
書庫の内寸によってはA4縦型ファイルが2段までしか収納出来ない場合がありますので注意が必要です。

書庫サイズによるファイル収納の違いは下記の記事にて詳しくご紹介しております。
〜書庫サイズによるファイル収納例〜


また、弊店のWEBサイトでは、書庫の棚板を均等にセットした時の高さを記載しておりますので選択の際の参考にしてください。

キャビネット.jpg

一流メーカー品を格安で手に入れるなら、
中古オフィス家具がおすすめです。

格安新品との違いはやはり品質。
楽市では、メーカーメインカタログ掲載品を中心とした
高品質な商品の中古品を厳選!

中古品でも専門スタッフによるプロのメンテナンス&クリーニングで、
気持ち良く快適にお使いいただくことができます。

しかも中古で6ヶ月保証が付くのは楽市だけ!

ポイントを押さえているから、
多くの会社様に選ばれ続けています。
今すぐサイトをご覧ください!!!

楽市ブログフッターパーツ.jpg
posted by 楽市 at 13:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | オフィス家具の豆知識 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス: [必須入力]

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

この記事へのトラックバック